照度, 圧力, 温度

LoggLaw C7の概要
LoggLaw C7は、水深、温度、照度を記録するデータロガーです。LoggLaw C7は、高精度の時計(年間最大±95秒・自動温度補償)を搭載し、より正確なジオロケーションを実現します。また、ロガー内部に1つ目の温度センサー、ロガー外部のストークの先端部に2つ目の温度センサーを搭載しています。LoggLaw C7はLoggLaw C6より小型かつ省電力な仕様となっています。LoggLaw C7は、ストークの長さ、ストークの有無、温度センサーの位置、バッテリーサイズ、ロガーのサイズなど、柔軟にカスタマイズすることができます。

カツオの腹腔内へのロガー装着

ストーク付きモデル

典型的な記録期間
-12ヶ月間:圧力・内部温度・外部温度・照度(60秒間隔)

技術仕様
モデルLoggLaw C7-100LoggLaw C7-250
空中重量2.8g
(ストーク付き)
4.8g
(ストーク付き)
サイズφ8 x 26 mm(コネクタ含む)φ9 x 32 mm(コネクタ含む)
耐圧深度1000m
使用可能温度-5~35℃
時間精度±95 秒 / 年 以下(自動温度補償あり)
メモリー8MB
複数スケジュール機能はい
周辺機器
(別売)
アダプターユニット
ロガーホルダー・ベース
通信ケーブル
Micro USBケーブル
設定ソフト (LoggLaw Surf)
センサー
深度センサー
-計測可能深度〜700m
-精度
(温度範囲:0…40℃)
±50cm (@200m 深度)
-分解能1cm以下
温度センサー
-計測範囲-5〜35℃
-精度±0.2℃
-分解能0.05%
計測期間[1]12ヶ月24ヶ月

[1] 圧力・内部温度・外部温度・照度(60秒間隔)