Biologger Type2

世界最小の14チャンネルロガー

わずか、直径8mm、長さ30mm、空中重量3.2g※1の大きさに、最大14個の計測項目※2を同時搭載可能な耐圧・耐水ロガー(水深1000mまで)です。512MBの大容量メモリを搭載し、長期間または高周波での連続計測が可能です。Bluetoothも搭載することで、ワイアレスのデータ通信※3にも対応します。様々な計測項目のオプションから選択可能です※4。カスタム対応により、ロガーのサイズは大きくなりますが、電気容量の大きな電池や充電タイプへの変更も可能です。計測制御ソフトウェアにより、複数スケジュール計測、搭載された計測項目のオンオフ、計測周波数の設定、データ吸い出し、csv出力が可能です。

※1 ストークあり3.2g,ストークなし2.85g

※2 深度(または高度)、温度(内部・外部)、3軸加速度、3軸地磁気、3軸ジャイロ、照度、塩分

※3 水中での通信は困難です。通信は空中での利用に限ります。

※4 どの計測項目のオプションでもロガーのサイズは変わりません

 基本モデル

深度・温度ロガー

すべてのモデルの基本となるモデルです。生物が経験する深度および温度を計測します。このモデルの計測項目だけでも生物の様々な側面を把握することが可能です。陸上動物に使用する場合は、オーダー時に深度センサの代わりに高度センサ(分解能13cm)に変更することも可能です。
  • 深度と温度を計測可能な基本モデル
  • 10秒に1回の計測で連続1年の計測が可能
  • ご要望に応じ、深度を高度センサに変更することも可能
  • マルチスケジュール計測機能
  • 耐圧水深1000m
  • 深度:分解能1cm以下、精度±0.5m@200m水深時、計測レンジ0〜500m
  • 温度:分解能0.04℃、精度±0.2℃、計測レンジ-40〜125℃
以下の計測項目のオプションはこの基本モデルに必要な計測項目を追加したモデルとなります。各オプションの追加により価格が変わるため、利用目的やご予算に応じご選択ください。以下の計測項目のオプションは最大14個の計測項目のうちの組み合わせ例となります。以下の組み合わせにない場合は、お気軽にご相談ください。

オプションA

加速度

深度・温度の基本モデルに3軸加速度を計測項目として追加したものです。加速度からは解析により生物の活動量や活動周期、姿勢等の算出が可能です。
  • 3軸加速度を1秒に8回、深度・温度を1秒に1回で約1ヶ月間の連続計測が可能
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。

オプションB

照度&外部温度

深度・温度(内部)の基本モデルに照度と外部温度を計測項目として追加したものです。海外ではアーカイバルタグと呼ばれているものです。照度からは、解析によりマグロ等の大規模回遊する魚類や、渡り鳥などの移動経路を算出することが可能です。マグロ等の魚類では、外部温度を追加で用いることで、腹腔内温度と経験水温の両方を計測可能あり、例えば生理状態に関する情報を得ることが可能です。
  • 照度を30秒に1回、深度・温度を5秒に1回で約6ヶ月間の連続計測が可能
  • ストーク(直径2mm, 長さ14㎝)がつきます
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。

オプションC

加速度&照度

深度・温度の基本モデルに加速度と照度を計測項目として追加したものです。照度からは、解析によりマグロ等の大規模回遊する魚類や、渡り鳥などの移動経路を算出することが可能です。加速度からは解析により生物の活動量や活動周期、姿勢等の算出が可能です。
  • 3軸加速度を1秒に8回、照度を30秒に1回、深度・温度を5秒に1回で約1ヶ月間の連続計測が可能
  • ストーク(直径2mm, 長さ14㎝)がつきます
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。

オプションD

慣性(加速度&ジャイロ)

深度・温度の基本モデルに慣性(3軸加速度と3軸角速度)を計測項目として追加したものです。慣性からは解析により生物のより高解像度な活動量や活動周期、姿勢等の算出が可能です。
  • 慣性を1秒に16回、深度・温度を1秒に1回で約1週間の連続計測が可能
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。

オプションE

慣性&地磁気

深度・温度の基本モデルに慣性(3軸加速度と3軸角速度)及び地磁気を計測項目として追加したものです。慣性と地磁気からは解析により生物のより高解像度な活動量や活動周期、姿勢等の算出が可能です。地磁気の追加により、方位角の推定が向上します。
  • 慣性を1秒に16回、地磁気を1秒に8回、深度・温度を1秒に1回で約6日間の連続計測が可能
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。

オプションF

塩分

深度・温度の基本モデルに塩分を計測項目として追加したものです。塩分の側面から経験環境に関する情報を把握することが可能です。
  • 塩分を1時間に10秒間、深度・温度を5秒に1回で約6ヶ月間の連続計測が可能
  • その他の周波数での計測時の連続計測期間は、お問い合わせください。
Type1 & Type2 共通仕様
計測可能深度500 m
耐圧深度1,000 m
動作温度-20 to +85 ℃
内蔵時計精度最大±5 秒 (3ヶ月あたり)
温度精度±0.2 ℃
メモリ容量512 MB
スケジュール計測はい
必要周辺機器
(別売り)
USB アダプター
Micro USB ケーブル
Biologger ソフトウェア
Type2のみ
サイズ直径8mm、長さ30mm
空中重量ストークあり:3.2 g
ストークなし:2.9 g
水中重量1.4 g
計測可能期間
(深度・温度センサのみの場合)
12 ヶ月 (1/10 Hz)
深度センサ
  絶対精度 (温度範囲:0…40℃)±0.5 m (深度200m時)
  分解能0.01 m
  長期安定性±0.3 m/年
  サンプリング周波数1/n, 1, 2, 4, 8, 16, 32 Hz
温度センサ
  分解能0.0308 ℃
加速度センサ
  計測範囲±2, ±4, ±8 g
  分解能8, 12 ビット
  サンプリング周波数1, 2, 8, 16, 25, 50, 100, 200 Hz
慣性センサ(加速度 & ジャイロセンサ 一体型 )
  加速度計測範囲±2, ±4, ±8, 16 g
  角速度計測範囲±125, ±245, ±500, ±1000, ±2000 °/秒
  サンプリング周波数1, 2, 4, 8, 16, 26, 52, 104, 208 Hz
地磁気センサ
  感度0.15 μT/LSB
  地磁気計測範囲±4912 μT
  サンプリング周波数1, 2, 4, 8, 16 Hz
電池オプション
  充電式はい
  電池増設
その他オプション
  Bluetoothはい
  海水スイッチはい
  深度センサの高度センサへの交換はい